コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳派 ヤナギハ

デジタル大辞泉の解説

やなぎ‐は【柳派】

落語家の一派。麗麗亭柳橋を祖とし、一門は多く春風亭・柳亭(りゅうてい)・柳家(やなぎや)を名のった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やなぎは【柳派】

落語家の一派。人情噺ばなしの名人といわれた麗麗亭柳橋を祖とする。門下は皆「柳」の字あざなをつけた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

柳派の関連キーワード春風亭 柳朝(3代目)麗々亭 柳橋(4代目)三遊亭 金朝(3代目)松井 源水(16代目)柳川 一蝶斎(3代目)春風亭 柳枝(3代目)柳家 枝太郎(4代目)五明楼 玉輔(3代目)柳亭 左楽(4代目)春風亭 柳条(初代)柳亭 左龍(2代目)林屋 正蔵(5代目)春風亭 年枝(初代)柳亭 燕路(3代目)富士松 紫朝(初代)柳家 紫朝(初代)柳家小さん(3代)柳川一蝶斎(3代)談洲楼燕枝(初代)松井源水(16代)

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android