柳派(読み)ヤナギハ

大辞林 第三版の解説

やなぎは【柳派】

落語家の一派。人情噺ばなしの名人といわれた麗麗亭柳橋を祖とする。門下は皆「柳」の字あざなをつけた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

やなぎ‐は【柳派】

〘名〙 落語家の一派。人情ばなしの名人といわれた麗麗亭柳橋を祖とし、春風亭・柳亭・柳家などの亭号を名乗る。三遊派に対抗して、多くの名手を演芸界に送り出した。
※東京風俗志(1899‐1902)〈平出鏗二郎〉下「都下これ等の噺し家に三遊派と柳派との二流あり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android