コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花玉蘭 たちばな ぎょくらん

1件 の用語解説(立花玉蘭の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花玉蘭 たちばな-ぎょくらん

?-1794 江戸時代中期の漢詩人。
筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主立花貞俶(さだよし)の兄茂之の娘。はじめ武宮謙叔に,ついで肥前の僧大潮元皓(げんこう)に詩をまなぶ。また京都の服部南郭に作品の添削をうけ,宝暦14年漢詩集「中山詩稿」を刊行した。寛政6年3月18日死去。字(あざな)は蘊香。著作はほかに「岩屋懐古詩集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

立花玉蘭の関連キーワード本田昂斎扶桑集篠本越南菅谷帰雲鈴木始卿谷麓谷独麟平井聴雨益田鶴楼三縄桂林

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone