コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花玉蘭 たちばな ぎょくらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花玉蘭 たちばな-ぎょくらん

?-1794 江戸時代中期の漢詩人。
筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主立花貞俶(さだよし)の兄茂之の娘。はじめ武宮謙叔に,ついで肥前の僧大潮元皓(げんこう)に詩をまなぶ。また京都の服部南郭に作品の添削をうけ,宝暦14年漢詩集「中山詩稿」を刊行した。寛政6年3月18日死去。字(あざな)は蘊香。著作はほかに「岩屋懐古詩集」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

立花玉蘭の関連キーワード知識学ロベスピエールロベスピエールサボリペリー葛飾北斎東洲斎写楽クリスチャンボー城共和暦第三年憲法クートン