コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東洲斎写楽 とうしゅうさいしゃらく

9件 の用語解説(東洲斎写楽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東洲斎写楽
とうしゅうさいしゃらく

寛政期 (18世紀末期) に活躍した江戸の浮世絵師。伝記,画系ともに不詳。寛政6 (1794) 年5月頃から翌年2月頃までに 140種前後の役者似顔絵,および若干の相撲絵を作画したと推定されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうしゅうさい‐しゃらく〔トウシウサイ‐〕【東洲斎写楽】

江戸後期の浮世絵師。東洲斎は号。徳島藩主蜂須賀氏のお抱え能役者といわれるが不明。役者似顔絵や相撲絵を描いたが、特に役者の個性豊かな顔を誇張的な描写で表し、大首絵に本領を発揮。現存する約140点の作品の制作期間は、寛政6年(1794)5月からの約10か月間と推定される。生没年未詳。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東洲斎写楽【とうしゅうさいしゃらく】

江戸時代の浮世絵師。生没年不詳。作画期間が1794年―1795年の間のわずか10ヵ月間と推定されるほか,伝記的資料をほとんど欠く謎(なぞ)の画家。蔦屋重三郎を版元として豪華な雲母摺(きらずり)の役者大首絵を発表,劇中人物としての表情と役者自身の素顔を生き生きと描出し,たちまち評判を得た。
→関連項目勝川春英相撲絵役者絵

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東洲斎写楽 とうしゅうさい-しゃらく

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
寛政6年(1794)5月から翌年1月まで,江戸で上演されていた歌舞伎を題材にえがいた役者絵などを140枚余りのこした。版元はすべて蔦屋重三郎。経歴は不詳で,阿波(あわ)徳島藩お抱えの能役者斎藤十郎兵衛とする説をはじめ諸説ある。代表作に「市川鰕蔵(えびぞう)の竹村定之進」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

東洲斎写楽

生年:生没年不詳
江戸中期の浮世絵師。その閲歴はほとんど知られていないが,『浮世絵類考』にみえる式亭三馬の按記によれば,江戸八丁堀に住んだといい,また『諸家人名江戸方角分』八丁堀の項にも「号写楽斎 地蔵橋」と記述がある。写楽に関しては,従来から同時代に生きたさまざまな人物との同一人説が取り沙汰されているが,近年は既説のうち『増補浮世絵類考』に記された,阿波藩のお抱え能役者斎藤十郎兵衛とする考え方が,再び有力視されている。しかし,依然として謎は多く,いまだに確証となる史料が出現しないまま,いずれの説も定説化されるには至っていない。 「歌舞伎役者の似顔を写せしが,あまりに真を画んとてあらぬさまに書なせしかば長く世に行れず一両年にして止む」と『浮世絵類考』が記すとおり,この写楽の登場は劇的であり,しかも活動期間がきわめて短い。写楽の遺した百四十数点の錦絵は,その大半を占める役者絵の取材狂言の興行の状況からみて,寛政6(1794)年5月から翌7年1月の,わずか10カ月間という短い期間に制作されたと考証される。これら錦絵はすべて版元である耕書堂蔦屋重三郎方から上梓されていることから,プロデューサー版元として知られるこの蔦屋が,写楽のデビューに非常に重要な役回りを演じたものとみられる。 全体で4期に区分される写楽の錦絵作品だが,その第1期に発表された雲母摺の大判役者大首絵28図は,舞台上で個々の役柄を演じる俳優たちの一瞬の表情を,彼らの相貌の特徴をとらえながら描いたもので,芸術的にも最も評価が高い。当時賛否両論を巻き起こしたと思われるこうした刺激的な作品を世に送ったのち,第2期以降は細判を中心に役者の全身像を表すという,既往の形式の役者絵へと主たる活躍の場を移したが,結果的には歌川豊国勝川春英ライバル絵師の描く美化された似顔絵に,敗北を喫したものと考えられている。寛政7年1月に12点の作品を発表したのを最後に,写楽の姿は浮世絵界から消滅し,その後の足跡はまったく知られていない。なお,写楽の作品にはそのほとんどすべてを占める役者絵版画以外に,相撲絵や武者絵など若干の作例がある。<参考文献>辻惟雄・松木寛他『写楽』(浮世絵八華)

(内藤正人)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

東洲斎写楽

??〜??(??年〜??年)【浮世絵師】1年足らずの期間で、140点にものぼる傑作を描いた、謎の天才浮世絵画家。 浮世絵師。生没年、生まれ一切不明。江戸に住み、1794年から翌年にかけてわずか10か月に、約140点の錦絵を制作した。絵は極めて個性的で、江戸三座の役者絵と相撲取大童山に限定されており、版元はすべて蔦屋重三郎。短期間に作品を残した後、消えるように制作活動を停止した。1794年の夏狂言を取材した作品は特に高い評価を受けている。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

とうしゅうさいしゃらく【東洲斎写楽】

江戸時代の浮世絵師。生没年不詳。1794年(寛政6)5月から翌95年1月までの正味10ヵ月間(途中閏月がはさまる)を活躍時期として,役者絵,相撲絵の版画140余図という多くを発表。当時おおいに人気を得たらしいが,その後は浮世絵界との交渉をまったく絶ってしまった謎の絵師。《増補浮世絵類考》(斎藤月岑編)に〈俗称斎藤十郎兵衛 居江戸八丁堀 阿波侯の能役者也〉と記されているところから,一時阿波蜂須賀侯お抱えの能役者説が行われたが,その後これを否定する見解が支配的となり,葛飾北斎など当時の知名人に仮託する諸説が提出されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうしゅうさいしゃらく【東洲斎写楽】

江戸後期の浮世絵師。経歴について確実な資料がない。1794年5月から一〇か月の間に140種ほどの役者似顔絵と少数の相撲絵を残した。瞬間的表情や個性を誇張して大胆に表現した写実の手法に特徴がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東洲斎写楽
とうしゅうさいしゃらく

生没年不詳。江戸後期の浮世絵師。寛政(かんせい)6年(1794)5月から翌年正月まで、当時上演された歌舞伎(かぶき)狂言に取材して多くの役者絵版画(一部相撲(すもう)絵)を集中的に制作、その後は浮世絵界との関係を絶って、消息はほとんど伝わらない。「謎(なぞ)の浮世絵師」として関心をひかれ、同世代の有名・無名の人物に仮託する想像説が数多く提出されてきたが、いずれも根拠が薄弱で、仮説の域を出ていない。
 在世期に近い信ずべき文献資料としては、大田南畝(なんぽ)原撰(せん)の『浮世絵類考』にみえる「写楽 これまた歌舞伎役者の似顔をうつせしが あまりに真を画(えが)かんとてあらぬさまにかきしかば 長く世に行われず 一両年にして止む」の記事や、八丁堀地蔵橋居住と文政(ぶんせい)元年(1818)以前に死没の事実を伝える『江戸方角分(ほうがくわけ)』の報告例などが、わずかにあげられるにすぎない。幕末の斎藤月岑(げっしん)は「俗称斎藤十郎兵衛 居江戸八丁堀に住す 阿波(あわ)侯の能役者也(なり)」と考察(『増補浮世絵類考』)しており、注目されるが、いまだ確認されていない。
 版画作品は総計142枚(143~145枚と学者により数が異なる)が現存しており、いずれも蔦屋重三郎(つたやじゅうざぶろう)を版元としている。それらの作画期は、取材狂言の上演時期に応じて、次のような4期に区分される。
〔第1期〕寛政6年(1794)5月 計28枚
すべて大判の黒雲母摺(きらずり)による役者大首絵(半身像)28枚。落款(らっかん)は「東洲斎写楽画」。
〔第2期〕寛政6年7~8月 計38枚
8枚の大判雲母摺と30枚の細判はすべて全身像の役者絵。落款は「東洲斎写楽画」。
〔第3期〕寛政6年11月~閏(うるう)11月 計64枚
細判全身像役者絵47枚、間判(あいばん)役者大首絵11枚、間判役者追善絵2枚、間判相撲絵1枚、大判相撲絵3枚(三枚続)。落款は原則として「写楽画」となる。
〔第4期〕寛政7年(1795)正月 計12枚
細判全身像役者絵10枚、間判相撲絵2枚、落款は「写楽画」。
 これらのうち、もっとも優れた内容をもつのは第1期の大首絵連作であり、妥協のない似顔表現と大胆なデフォルメ、戯画的な誇張の奥の深刻な心理描写など、前例のない個性的な役者絵となっている。以後、世の不評に逆らって出版点数を増大させるが、作品の質は急速に衰えていった。写楽の役者似顔絵の形式的な模倣は歌舞伎堂艶鏡(えんきょう)(1749―1803、歌舞伎狂言作者2代目中村重助(じゅうすけ)の画名)によってなされているが、むしろ本質的な理解は、先輩格の勝川春英(しゅんえい)や歌川豊国(とよくに)、さらには美人画家の喜多川歌麿(うたまろ)などにより深められている。[小林 忠]
『鈴木重三著『写楽』(1966・講談社) ▽瀬木慎一著『浮世絵師写楽』(1970・学芸書林) ▽山口桂三郎著『浮世絵大系7 写楽』(1973・集英社) ▽小林忠編『日本の美術139 写楽』(1977・至文堂) ▽Julius Kurth Sharaku (1910, R. Piper & Co., Munich)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の東洲斎写楽の言及

【浮世絵】より

…つづく安永(1772‐81)から天明年間にかけて,ことに春章とその一門である勝川春英や春好らを中心に役者絵の写実性が高められていった。そして春章没後2年目の1794年(寛政6)から歌川豊国が〈役者舞台之姿絵〉と題する全身像のシリーズを,同年5月からは東洲斎写楽が雲母摺(きらずり)大首絵の連作をそれぞれ発表,華々しくデビューした。似顔表現を理想化の装いの内にくるみこんだ豊国の役者絵は大衆的な支持を得るが,残酷なまでに実像の印象を伝えた写楽画は,話題となったが一般には受け入れられず,翌年早々にはこの天才絵師の作画は中絶されてしまう。…

※「東洲斎写楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東洲斎写楽の関連キーワード初代歌川国貞鳥居清次籟堂鳥居清満稲垣つる大森善清珠雀斎詮茂宮川長亀吉川盛信

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東洲斎写楽の関連情報