コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立花鑑備 たちばな あきのぶ

1件 の用語解説(立花鑑備の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

立花鑑備 たちばな-あきのぶ

1827-1846 江戸時代後期の大名。
文政10年8月21日生まれ。立花鑑賢(あきかた)の次男。天保(てんぽう)4年兄立花鑑広(あきひろ)が11歳で死去した際,ひそかにその身代わりとなり,兄の幼名万寿丸を称して筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩主となる。立花家11代とかぞえられる。弘化(こうか)3年3月24日死去。20歳。通称は俣次郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

立花鑑備の関連キーワードカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング富士松紫朝(初代)山内豊信富士松紫朝ヘンリークルーゼンシュテルン

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone