コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立華 りっか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立華
りっか

生け花の一様式名。桃山時代に佗びの精神が強調された一方で,新興武士たちの豪華希求があり,佗び精神の衰退に乗じて,16世紀末に池坊初代専好が先駆となり,江戸時代初頭,17世紀に,2代専好によって大成された古典的様式の生け花。形式には立華,砂の物胴束 (どうつか) の3類型があり,形態は球 (卵) 型の完全性が追究された。現在伝承される形態は半月 (半球) 型で 17世紀末の生花 (せいか) 追究の影響を受けたもの。2代専好の立華作品図は曼殊院陽明文庫などに多数残っており,門下大住院以信安立坊周玉,河井道玄など多彩である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の立華の言及

【池坊】より

…池坊には3人の専好があった。桃山時代の初代から江戸時代にかけて,〈専好(初世)―専好(2世)―専存―専養―専好(3世)―専純〉とつづくが,初世専好は古い作風のたてはな(立花)にたいして,新しい花形のりっか(立華,立花)を起こし,七つ道具の役枝をあみだして様式を整備した。これを大成したのが2世専好である。…

【立花】より

…いけばな様式の一つ。立華とも書く。花道成立以前から行われていた花,草,木を花瓶に〈立てる〉形式から,古くは〈たてはな〉と呼ばれ,室町時代には定式化した。…

※「立華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

立華の関連キーワード生け花・活花・挿花合わせ真・合せ真ムラサキシキブ立花(いけ花)相生真の立華ユキノシタ井上 覚造富春軒仙渓レンギョウ藤原 幽竹岩崎加根子栗山 理一細川 武子オオデマリ猪飼三枝安達潮花池坊専順池坊専定桑原仙渓吉村華泉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

立華の関連情報