コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

立華 りっか

1件 の用語解説(立華の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

立華
りっか

生け花の一様式名。桃山時代に佗びの精神が強調された一方で,新興武士たちの豪華希求があり,佗び精神の衰退に乗じて,16世紀末に池坊初代専好が先駆となり,江戸時代初頭,17世紀に,2代専好によって大成された古典的様式の生け花

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の立華の言及

【池坊】より

…池坊には3人の専好があった。桃山時代の初代から江戸時代にかけて,〈専好(初世)―専好(2世)―専存―専養―専好(3世)―専純〉とつづくが,初世専好は古い作風のたてはな(立花)にたいして,新しい花形のりっか(立華,立花)を起こし,七つ道具の役枝をあみだして様式を整備した。これを大成したのが2世専好である。…

【立花】より

…いけばな様式の一つ。立華とも書く。花道成立以前から行われていた花,草,木を花瓶に〈立てる〉形式から,古くは〈たてはな〉と呼ばれ,室町時代には定式化した。…

※「立華」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

立華の関連キーワード現代華生花桃山時代生け花・活花・挿花草物空生け草月会垂れ物瓶花湯川制

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

立華の関連情報