半月(読み)ハンゲツ

デジタル大辞泉の解説

はん‐げつ【半月】

半円形をした月。弓張り月。弦月。
1の形をしたもの。半月形。「大根を半月に切る」
1か月の半分。はんつき。
琵琶の胴にあいている左右一対の半月形の孔。
紋所の名。弓張り月をかたどったもの。

はん‐つき【半月】

1か月の半分。はんげつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

半月【はんげつ】

半円形に輝く月。地球から見て月が太陽から90°の方向にあるとき生じ,上弦下弦がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

はにわり【半月】

半陰陽。ふたなり。 〔和名抄〕

はんげつ【半月】

半円形の月。弦月。弓張り月。
半円の形。
[4] 一か月の半分。はんつき。

はんつき【半月】

一か月の半分。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

半月の関連情報