コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜ヶ崎[市] りゅうがさき

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうがさき【竜ヶ崎[市]】

茨城県南部の市。1954年市制。人口6万9163(1995)。北部は常総台地の末端,南部は利根川の支流小貝川が形成した沖積地で,西に牛久沼がある。中世には常陸・下総両国の境界部にあたり,江戸時代には仙台藩の飛地であった。1900年,市街地と現JR常磐線佐貫駅を結ぶ竜ヶ崎鉄道(現,関東鉄道竜ヶ崎線)が開通し,繭や竜ヶ崎木綿の集散地として栄え,製糸業も盛んになった。また製麵業もおこった。第2次大戦時の軍事工場跡に,戦後,建設資材の工場が立地し,現在は北部台地に大規模な工業団地が造成され,機械,電気機器などの工業が盛んとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竜ヶ崎[市]の関連キーワード斎藤寅次郎マキノ雅広世界のおもなアカデミートルンカ新藤兼人溝口健二石井桃子オータン・ララ川島雄三国民保養温泉

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android