コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜ヶ崎[市] りゅうがさき

1件 の用語解説(竜ヶ崎[市]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうがさき【竜ヶ崎[市]】

茨城県南部の市。1954年市制。人口6万9163(1995)。北部は常総台地の末端,南部は利根川の支流小貝川が形成した沖積地で,西に牛久沼がある。中世には常陸・下総両国の境界部にあたり,江戸時代には仙台藩の飛地であった。1900年市街地と現JR常磐線佐貫駅を結ぶ竜ヶ崎鉄道(現,関東鉄道竜ヶ崎線)が開通し,繭や竜ヶ崎木綿の集散地として栄え,製糸業も盛んになった。また製麵業もおこった。第2次大戦時の軍事工場跡に,戦後,建設資材の工場が立地し,現在は北部台地に大規模な工業団地が造成され,機械,電気機器などの工業が盛んとなっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

竜ヶ崎[市]の関連キーワード牛久藤岡吉川一関角田北茨城志木白石長井鹿嶋

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone