竜紋(読み)リュウモン

デジタル大辞泉「竜紋」の解説

りゅう‐もん〔リユウ‐|リウ‐〕【竜紋/竜文/竜門/流紋】

想像上の動物であるをかたどった文様
太い糸で平織りにした絹織物。織り目は斜めで地は厚い。江戸時代には(はかま)や帯地などに用いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android