コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜脳菊 リュウノウギク

デジタル大辞泉の解説

りゅうのう‐ぎく〔リユウナウ‐〕【竜脳菊】

キク科の多年草山地の日当たりのよい所に生え、高さ30~60センチ。全体に白い毛があり、茎や葉に竜脳のような香りがする。葉は広卵形で三~五つに裂けている。秋、周囲が白、中心が黄色の頭状花が咲く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうのうぎく【竜脳菊】

キク科の多年草。低山の日当たりのよい草地に生える。高さ約80センチメートル。葉は広卵形。秋、径約3センチメートルの白色で中心部が黄色の頭状花を開く。茎・葉に竜脳に似た香りがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

竜脳菊 (リュウノウギク)

学名:Chrysanthemum makinoi
植物。キク科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

竜脳菊の関連キーワード低山白色

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android