コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竜虎山 りゅうこざんLóng hǔ shān

世界大百科事典 第2版の解説

りゅうこざん【竜虎山 Lóng hǔ shān】

中国,江西省貴渓県にある山。道教正一派の本山の所在地。正一派は後漢末から三国魏にかけて四川省一帯に勢力を有した五斗米道(ごとべいどう)の末流。第4代天師張盛のとき,西晋の永嘉年間(307‐312)に竜虎山に本拠を移したと伝え,元以後は全真教と並んで道教を二分する勢力となった。諸神をまつる〈上清宮〉と代々の天師の居処である〈嗣漢天師府〉とが置かれたが,現在はそのごく一部を存するのみである。【麦谷 邦夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

竜虎山の関連キーワード朱思本水滸伝尚巴志天師道正一教白玉蟾張陵懐機

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android