端者・半者(読み)はしたもの

精選版 日本国語大辞典「端者・半者」の解説

はした‐もの【端者・半者】

召使いのうち、中程度の身分の者。それほど身分の低くない召使いの。はした。また、後世は広く召使いの女についてもいう。はしため。
(10C終)五七「若くよろしき男の、げす女の名よび馴れていひたるこそにくけれ、〈〉はした者・わらはべなどは、されどよし」
浮世草子・好色二代男(1684)六「はした物を、てくださりませい」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android