竹の春(読み)たけのはる

精選版 日本国語大辞典「竹の春」の解説

たけ【竹】 の 春(はる)

陰暦八月をいう。この頃の新葉がさかんとなる。《・秋》
※俳諧・滑稽雑談(1713)八月「八月 異名竹春賛寧竹譜曰、竹以八月春」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「竹の春」の解説

たけ‐の‐はる【竹の春】

若竹が生長し、新葉の盛りになるところから》陰暦8月の異称竹春ちくしゅん 秋》「おのが葉に月おぼろなり―/蕪村

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android