竹内一次(読み)たけのうち かずつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内一次 たけのうち-かずつぐ

1868-1927 明治-大正時代の諜報(ちょうほう)員。
慶応4年7月生まれ。ハバロフスクで写真館をひらき,明治31年参謀総長川上操六の命により対露諜報任務に従事。日露開戦により一時帰国したが,戦後ふたたびハバロフスクで写真館をつづけ,坂部十寸穂(ますお)ら諜報関係の軍人をたすけた。昭和2年9月18日死去。60歳。三河(愛知県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android