コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹内小孌 たけのうち しょうらん

1件 の用語解説(竹内小孌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹内小孌 たけのうち-しょうらん

?-? 江戸時代後期の画家。
京都にすみ,円山応瑞(おうずい)にまなび,美人画,秘戯画をえがく。のち岸駒(がんく)を師として画風をあらため,人物,山水,竜虎をえがいた。長門(ながと)(山口県)出身。名は千賀。字(あざな)は左琴。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

竹内小孌の関連キーワード岡野石圃白川芝山阿部董琳小倉雪峰小浦松園酒巻立兆鈴木筌斎関根孔年原田圭岳丸茂香湖

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone