コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

円山応瑞 まるやま おうずい

美術人名辞典の解説

円山応瑞

江戸後期の円山派画家。京都生。応挙の子。幼名は卯三郎、字は儀鳳、号は怡真堂、通称を右近、のち主水と改める。画を父に学び、能く家法を守った。金銀砂子蒔に妙を得たという。文政12年(1829)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

円山応瑞 まるやま-おうずい

1766-1829 江戸時代中期-後期の画家。
明和3年9月13日生まれ。円山応挙の長男。寛政の内裏造営の際,父とともに障壁画の制作にくわわった。文政12年3月19日死去。64歳。字(あざな)は儀鳳。通称は卯三郎,右近,主水。号は怡真堂。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

円山応瑞 (まるやまおうずい)

生年月日:1766年9月13日
江戸時代後期の画家
1829年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

円山応瑞の関連キーワード円山四条派中島来章竹内小孌武内小鸞生年月日円山応春円山応震西村楠亭原在中大乗寺

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android