コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田皇子(読み)たけだのおうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田皇子 たけだのおうじ

?-? 6世紀末ごろ,敏達(びだつ)天皇の皇子。
母は豊御食炊屋姫尊(とよみけかしきやひめのみこと)(推古天皇)。用明天皇2年(587)泊瀬部(はつせべの)皇子(崇峻(すしゅん)天皇),厩戸(うまやどの)皇子(聖徳太子),蘇我馬子(そがの-うまこ)らと物部守屋(もののべの-もりや)をほろぼした。竹田王,小貝王とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android