竹田王(読み)たけだおう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

竹田王 たけだおう

?-715 飛鳥(あすか)-奈良時代の官吏。
天武天皇10年(681)川島皇子・忍壁(おさかべ)親王らと帝紀(ていき)や上古諸事(本辞(ほんじ)・旧辞(きゅうじ)など)の編修に参加。14年広瀬王らと京・畿内の兵器を検閲した。持統天皇3年判事,和銅元年刑部卿(ぎょうぶきょう)となる。和銅8年3月15日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android