笈・負(読み)おい

大辞林 第三版の解説

おい【笈・負】

〔動詞「負う」の連用形「負い」の意から〕
修験者しゆげんじや・行脚あんぎや僧が仏具・衣類などを入れて背に負う、脚・開き戸のついた箱。きゅう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おい おひ【笈・負】

〘名〙 (「負い」の意から) 修験者(しゅげんじゃ)、行脚僧(あんぎゃそう)などが旅行中、仏具、衣服、書籍、食器などを入れて、背負って歩く容器。箱形のほか、板笈または縁笈と呼ばれる背負子の改良型とがある。いずれも木製あるいは竹製で短い脚がつく。ふみばこ。おいずり。おいずる。
今昔(1120頃か)三一「只(ただ)迯なむと偏(ひとへ)に思ひ得て、負(おひ)をも弃(す)て」
[語誌]「二十巻本和名抄‐一三」に「」の和名を「不美波古(ふみばこ)」とするのに当たる。「山伏笈」は主に箱笈で四本の脚を持つもの。現在の歌舞伎十八番「勧進帳」の小道具として見ることができる。「高野笈」は板笈と箱形のものとの中間型で、主に竹製三本脚。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android