コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠井順八 かさい じゅんぱち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笠井順八 かさい-じゅんぱち

1835-1919 明治時代の実業家。
天保(てんぽう)6年5月生まれ。もと長門(ながと)萩(はぎ)藩士。山口県勧業局主任をつとめる。明治14年日本初の民営セメント会社,セメント製造(のちの小野田セメント)を創立,34年まで社長をつとめた。大正8年12月死去。85歳。本姓有田

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

笠井順八

没年:大正8.12.31(1919)
生年:天保6.5.5(1835.5.31)
明治期の実業家。小野田セメント創立者。長州(萩)藩の下級武士の家に生まれ,一時藩校明倫館に学ぶが,門地の高低による差別を嫌って退学し,以後独学で学び,理財,計数に長じたという。。安政5(1858)年藩庁に召しだされ,明治1(1868)年までに郡奉行,御蔵元役所本締役などを歴任した。この間,高杉晋作,前原一誠などとの親交が深かったという。維新後は山口県庁の勧業局長などを務めたが,7年山口県大属を辞し,自力で殖産事業に取り組む。この契機は山口県の積立金穀を投じて県営の新事業を興すという笠井のプランが受け入れられなかったためといわれている。8年ごろからセメントに注目し,12年工部省製作頭平岡通義の話に意を強くし,「士族授産」事業として,14年にセメント製造会社(小野田セメントの前身)を設立した。笠井は34年まで社長として民間初の,このセメント会社の経営に任じた。<参考文献>笠井順八翁頌徳会編『笠井順八翁小伝』,小野田セメント編『創業五十年史』

(橋本寿朗)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の笠井順八の言及

【小野田セメント[株]】より

…本社は山口県小野田市。東京深川に1872年建設された官営セメント工場には遅れるが,民間では初のセメント会社として81年5月,長州藩士笠井順八により〈セメント製造会社〉の名称で山口県小野田町に創設された。1951年現社名に変更。…

※「笠井順八」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

笠井順八の関連キーワード太平洋セメント(株)小野田セメント[株]明治時代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android