コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠石 カサイシ

デジタル大辞泉の解説

かさ‐いし【×笠石】

石や煉瓦(れんが)積みの塀や手すりの上部に載せる石。
石灯籠上部状の石。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かさいし【笠石】

石灯籠の火袋の上にかぶせる笠状の石。笠。
石や煉瓦などの塀や手すりの上にかぶせ、壁体の頂上を保護する石。冠石かむりいし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

笠石の関連キーワード那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)廃少菩提寺石多宝塔および石仏三笠石(データノート)和歌山藩主徳川家墓所栃木県大田原市湯津上青森県十和田市奥瀬バールフットの欄楯十和田湖(旧町名)萩藩主毛利家墓所大田原(市)十和田(市)那須国造碑鏡石[町]生石高原生石ヶ峰上野三碑大田原市湯津上鏡石町手すり

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠石の関連情報