コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠石 カサイシ

デジタル大辞泉の解説

かさ‐いし【×笠石】

石や煉瓦(れんが)積みの塀や手すりの上部に載せる石。
石灯籠上部状の石。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かさいし【笠石】

石灯籠の火袋の上にかぶせる笠状の石。笠。
石や煉瓦などの塀や手すりの上にかぶせ、壁体の頂上を保護する石。冠石かむりいし

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

笠石の関連キーワード那須国造碑(なすのくにのみやつこのひ)廃少菩提寺石多宝塔および石仏三笠石(データノート)和歌山藩主徳川家墓所栃木県大田原市湯津上十和田湖(旧町名)青森県十和田市奥瀬バールフットの欄楯萩藩主毛利家墓所大田原(市)十和田(市)那須国造碑鏡石[町]生石高原大田原市生石ヶ峰上野三碑れんが多胡碑手すり

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

笠石の関連情報