第三国(読み)だいさんごく

精選版 日本国語大辞典「第三国」の解説

だいさん‐ごく【第三国】

〘名〙 当事以外の国。ある一つの事柄関係していない国。
※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月一〇日「況んや普通の他の中立国の場合と異なり、韓国は其国自身が、日露争議の目的物なりしものなれば、決して之を以て無関係の第三国なりといふを得ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「第三国」の解説

だいさん‐ごく【第三国】

当事国以外の国。その問題などに直接関係のない国。「第三国調停に立つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android