第三国(読み)ダイサンゴク

デジタル大辞泉の解説

だいさん‐ごく【第三国】

当事国以外の国。その問題などに直接関係のない国。「第三国調停に立つ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいさんごく【第三国】

当事国以外の国。ある事件に直接関係をもたない国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいさん‐ごく【第三国】

〘名〙 当事国以外の国。ある一つの事柄に関係していない国。
※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月一〇日「況んや普通の他の中立国の場合と異なり、韓国は其国自身が、日露争議の目的物なりしものなれば、決して之を以て無関係の第三国なりといふを得ず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第三国の関連情報