第五世代移動通信システム(読み)ダイゴセダイイドウツウシンシステム

デジタル大辞泉の解説

だいごせだい‐いどうつうしんシステム【第五世代移動通信システム】

第四世代移動通信システム(4G)の通信速度をより高めた次世代の移動通信システムのこと。LTEの約1000倍という高速大容量の通信速度と、IoTおよびMtoM端末の急激な増加に対応するため、さらなる通信の多重化と低遅延化、セルの高密度化を図る。日本では平成29年(2017)に実証実験を開始、令和2年(2020)の実用化を目指している。5G(ファイブジー・ごジー)。第五世代携帯電話第五世代モバイルネットワーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

第五世代移動通信システムの関連情報