コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第1次世界大戦戦後処理 だいいちじせかいたいせんせんごしょり Settlements of World War I

1件 の用語解説(第1次世界大戦戦後処理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第1次世界大戦戦後処理
だいいちじせかいたいせんせんごしょり
Settlements of World War I

第1次世界大戦によって生じた問題解決のための諸措置。 1919年1月からパリ講和会議が開かれ,ドイツとの間のベルサイユ条約をはじめ,オーストリアハンガリートルコの各国との平和条約が締結されて,(1) 民族自決主義原則の採用,(2) ドイツ=オーストリア諸国の軍備制限,(3) ドイツ=オーストリア諸国の賠償義務,(4) ドイツの植民地放棄,(5) 国際連盟の創設などを内容とする,いわゆるベルサイユ体制が樹立されたが,これらは連合諸国内部の帝国主義的対立の妥協の産物であり,当初休戦条項に示されたアメリカの W.ウィルソン大統領の主張とはかなりへだたりのあるものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第1次世界大戦戦後処理の関連キーワード思考ロンメル縁生世界大戦福祉社会奮闘問題法問題解決のロジックツリー《第2次世界大戦》ロンドン協定(第2次世界大戦)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone