コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第1次印パ戦争 だいいちじいんパせんそう

1件 の用語解説(第1次印パ戦争の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第1次印パ戦争
だいいちじいんパせんそう

インド,パキスタンの独立後,カシミールの帰属をめぐって行われた両国間の局地的な戦争。 1947年 10月に始り,戦場はカシミールに限定された。戦争は,(1) パキスタンからパターン族の進攻で首都スリナガルが危うくなり,藩王がインドに帰属を決め,インドが救援の軍を空輸してカシミールの谷を確保した時期 (1947年冬) ,(2) カシミール南西部のジャム地区で,補給路の切断を目指す戦闘が始り,他の戦線にも波及した時期 (48年春) ,(3) 東北端のカルギル地区にも戦闘が広がり,全戦線で土地の争奪が行われた時期 (48年後半) ,の3段階に分けられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第1次印パ戦争の関連キーワードカシミールカシミール語東パキスタンインドパキスタン戦争カシミヤパキスタニージャンムー・カシミール[州]パキスタン大地震インド・パキスタン戦争バージル[峠]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone