コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第2世代コンピュータ だいにせだいコンピュータsecond generation computer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

第2世代コンピュータ
だいにせだいコンピュータ
second generation computer

コンピュータの主要素子にトランジスタを用いたものの俗称。真空管を用いてつくられたものと区別する意味での総称として用いられる。コンピュータ関係の素子としてトランジスタが開発されたのは 1954年のことであるが,第2世代コンピュータの始りは 57~58年からとされる (IBM7070など) 。この時代のコンピュータの特徴は,トランジスタ使用のほか,(1) 記憶装置に磁気コアが使用されたため,記憶容量,処理速度ともに高まった,(2) 入出力チャンネルという考え方が採用され,このコントロールが能率的になった,(3) パンチカードによる入出力から磁気テープを中心としたシステム化が可能になった,(4) ソフトウエアを中心としたシステムとしての考え方が固まった,などがあげられる。そして,64年に集積回路を組込んだ IBMのシステム 360シリーズの登場で,第2世代コンピュータの時代は終ったとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

第2世代コンピュータの関連キーワード第5世代コンピューター第1世代コンピュータ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android