コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹岡泊斎 ささおか はくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹岡泊斎 ささおか-はくさい

?-? 江戸時代中期の神職。
越後(えちご)(新潟県)の富豪の家に生まれ,京都の稲葉迂斎(うさい)の門にはいり儒学をまなぶ。ついで神道に帰依(きえ)し,神職となる。のち江戸赤坂にすみ,色気・欲気食気・勝気の四気を去ることを人にすすめ,自分も実践して生涯清貧をたのしみ,84歳で死去。名は静。字(あざな)は希黙。通称は市正

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android