稲葉迂斎(読み)いなば うさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉迂斎 いなば-うさい

1684-1760 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)元年9月17日生まれ。山崎闇斎(あんさい)の高弟佐藤直方(なおかた)にまなぶ。正徳(しょうとく)5年(1715)から肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)の江戸藩邸で,土井利実(としざね)以下3代の藩主につかえた。宝暦10年11月10日死去。77歳。江戸出身。初名通経,のち正義。通称は十五郎,十左衛門。著作に「迂斎先生学話」「近思録講義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

稲葉迂斎

没年:宝暦10.11.10(1760.12.16)
生年:貞享1.9.17(1684.10.25)
江戸中期の儒学者。名は正義,迂斎は号。下総国(千葉県)佐倉藩士の子として江戸に生まれ,佐藤直方から朱子学を学ぶ。正徳5(1715)年,肥前(佐賀県)唐津藩の儒官となる。晩年,闇斎学派の大家として名声高く,各地の藩主が師事した。直方のほか,三宅尚斎,浅見絅斎からも学んでおり,多くの門人に崎門の学をよく伝えた。没後は,子の黙斎が跡を継ぎ,活躍した。著書としては,『近思録講義』(全14巻),『親民須知』『迂斎先生学話抄略』などのほか,『迂斎文集』(全10巻),『同続集』(全4巻),『同別集』がある。

(柴田篤)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

稲葉迂斎 (いなばうさい)

生年月日:1684年9月17日
江戸時代中期の儒学者;肥前唐津藩士
1760年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android