コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

稲葉迂斎 いなば うさい

2件 の用語解説(稲葉迂斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

稲葉迂斎 いなば-うさい

1684-1760 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)元年9月17日生まれ。山崎闇斎(あんさい)の高弟佐藤直方(なおかた)にまなぶ。正徳(しょうとく)5年(1715)から肥前唐津(からつ)藩(佐賀県)の江戸藩邸で,土井利実(としざね)以下3代の藩主につかえた。宝暦10年11月10日死去。77歳。江戸出身。初名は通経,のち正義。通称は十五郎,十左衛門。著作に「迂斎先生学話」「近思録講義」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

稲葉迂斎

没年:宝暦10.11.10(1760.12.16)
生年:貞享1.9.17(1684.10.25)
江戸中期の儒学者。名は正義,迂斎は号。下総国(千葉県)佐倉藩士の子として江戸に生まれ,佐藤直方から朱子学を学ぶ。正徳5(1715)年,肥前(佐賀県)唐津藩の儒官となる。晩年,闇斎学派の大家として名声高く,各地の藩主が師事した。直方のほか,三宅尚斎,浅見絅斎からも学んでおり,多くの門人に崎門の学をよく伝えた。没後は,子の黙斎が跡を継ぎ,活躍した。著書としては,『近思録講義』(全14巻),『親民須知』『迂斎先生学話抄略』などのほか,『迂斎文集』(全10巻),『同続集』(全4巻),『同別集』がある。

(柴田篤)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

稲葉迂斎の関連キーワード竹川政辰三宅擔庵狩野柳伯金牛道人若林強斎漢儒童子問伊藤梅宇明石宗伯松本董斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone