コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等価交換方式 とうかこうかんほうしきsystem of proportional shares

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等価交換方式
とうかこうかんほうしき
system of proportional shares

マンションやビルなどを建設するにあたり,土地所有者が土地を提供し,デベロッパー建物の建設費を負担する共同建設方式。完成した建物は,出資比率に応じてそれぞれ区分所有権を分け合う。たとえば,土地代が4億円,建設費が6億円で 10億円かかったとすれば,分配率は四分六となる。土地所有者は資金を負担せずに建物が入手でき,デベロッパーは用地取得に手間をかけず事業展開ができるメリットがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

とうかこうかんほうしき【等価交換方式】

土地・建物の開発方式の一つ。土地所有者の所有権の一部と、開発業者が建設する建物の一部を、同等の価値として交換する。土地所有者に資力がない場合でもマンションや賃貸ビルの建設ができ、開発業者も用地取得が容易になる。

出典|講談社家とインテリアの用語がわかる辞典について | 情報

等価交換方式の関連キーワード藤和不動産

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

等価交換方式の関連情報