コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等恵 とうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

等恵 とうえ

?-? 戦国-織豊時代の連歌師。
和泉(いずみ)(大阪府)阿弥陀(あみだ)堂の僧。宗訊(そうじん)の一族といわれる。宗珀(そうはく)より古今伝授をうけ,堺の連歌界で活躍した。天正(てんしょう)9年(1581)の「等恵独吟百韻」などがある。号は靖斎,靖安斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

等恵の関連キーワード織豊時代谷宗臨連歌師宗柳

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android