コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等恵 とうえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

等恵 とうえ

?-? 戦国-織豊時代の連歌師。
和泉(いずみ)(大阪府)阿弥陀(あみだ)堂の僧。宗訊(そうじん)の一族といわれる。宗珀(そうはく)より古今伝授をうけ,堺の連歌界で活躍した。天正(てんしょう)9年(1581)の「等恵独吟百韻」などがある。号は靖斎,靖安斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

等恵の関連キーワード織豊時代谷宗臨連歌師宗柳

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android