コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等黄卵 とうおうらんhomolecithal egg

3件 の用語解説(等黄卵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

等黄卵
とうおうらん
homolecithal egg

卵黄の分布様式により分類した動物卵の一型 (→端黄卵 ) 。少量の卵黄が卵内に一様に分布する卵。ウニ,ヒトデなどの棘皮動物,ナメクジウオ,哺乳類の卵がこれに属する。卵割は全等割で胚発生様式の典型を示す。ただし哺乳類の卵は2次的に卵黄を失ったもので,卵割は特異である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

とうおうらん【等黄卵】

卵黄が卵内に均等に分布する卵。ウニ・ヒトデ・ナメクジウオ・哺乳類などの卵。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone