等黄卵(読み)とうおうらん(英語表記)homolecithal egg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「等黄卵」の解説

等黄卵
とうおうらん
homolecithal egg

卵黄の分布様式により分類した動物の一型 (→端黄卵 ) 。少量の卵黄が卵内に一様に分布する卵。ウニ,ヒトデなどの棘皮動物,ナメクジウオ,哺乳類の卵がこれに属する。卵割全等割で胚発生様式の典型を示す。ただし哺乳類の卵は2次的に卵黄を失ったもので,卵は特異である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「等黄卵」の解説

とうおう‐らん トウワウ‥【等黄卵】

〘名〙 卵内の卵黄の分布様式による分類の一型。卵黄が細胞質中に平等に分布している卵。多くの無脊椎動物・哺乳類の卵がこれに属する。⇔端黄卵

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「等黄卵」の解説

とうおう‐らん〔トウワウ‐〕【等黄卵】

黄卵が少なく、卵内にほぼ均一に分布している卵。卵割が均等に行われる。ウニ・ナメクジウオや哺乳類などの卵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android