端黄卵(読み)たんおうらん(英語表記)telolecithal egg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「端黄卵」の解説

端黄卵
たんおうらん
telolecithal egg

動物卵黄の分布状態で分類した不等黄卵一種。等黄卵に対する語。卵黄が卵の植物極にかたよって分布する。両生類の卵のように中程度にかたよるものから,魚類鳥類のように極端に偏在するものまである。卵割形式は両生類の卵では不等全割であり,鳥類,魚類では原形質動物極にのみあるため部分割で,胚盤を形成する盤割を行う。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「端黄卵」の解説

たん‐おうらん ‥ワウラン【端黄卵】

〘名〙 動物卵の卵黄の分布様式の一型。卵黄が卵の一極にかたよって分布している卵。両生類、魚類、鳥類などに見られる。卵割形式は全割の場合は不等割、魚卵のように極端な例では、動物極のみ分割する部分割(盤割)になる。偏黄卵。⇔等黄卵

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「端黄卵」の解説

たんおう‐らん〔タンワウ‐〕【端黄卵】

卵黄が一方の極にかたよって分布している卵。魚類・鳥類などにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる