コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

端黄卵 たんおうらんtelolecithal egg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

端黄卵
たんおうらん
telolecithal egg

動物の卵黄の分布状態で分類した不等黄卵の一種。等黄卵に対する語。卵黄が卵の植物極にかたよって分布する。両生類の卵のように中程度にかたよるものから,魚類鳥類のように端に偏在するものまである。卵割形式は両生類の卵では不等全割であり,鳥類,魚類では原形質が動物極にのみあるため部分割で,胚盤を形成する盤割を行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たんおう‐らん〔タンワウ‐〕【端黄卵】

卵黄が一方の極にかたよって分布している卵。魚類・鳥類などにみられる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たんおうらん【端黄卵】

卵黄が卵の一方の端にかたよって分布している卵。鳥類・魚類の卵に多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

端黄卵の関連キーワード卵(らん)環形動物卵黄嚢胞胚

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android