コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋炎のいろいろ きんえんのいろいろ

家庭医学館の解説

きんえんのいろいろ【筋炎のいろいろ】

 筋肉の病気は遺伝するものが多いのですが、筋炎は遺伝しません。
多発性筋炎(たはつせいきんえん)
 筋炎といえば、膠原病(こうげんびょう)の1つの多発性筋炎(「多発性筋炎/皮膚筋炎」)がまずあげられます。
 成人のミオパチーのなかでは患者数も多く、診断のむずかしい病気です。
 副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモンがよく効きますが、中年以降に発症した多発性筋炎の半数近くが、実はがんの一症状であるのは注目すべきです。
 多発性筋炎が発症した時点では、検査をしてもがんは見つからず、数年経過してはじめて、がんが見つかることが多いものです。
■炎症性筋炎(えんしょうせいきんえん)
 インフルエンザなどのウイルスによるウイルス筋炎が多くなっています。最近は、エイズにともなう筋炎が注目されています。
■細菌性筋炎(さいきんせいきんえん)
 レンサ球菌(きゅうきん)による電撃性の筋炎がときにマスコミに取り上げられますが、頻度はまれです。
■封入体筋炎(ふうにゅうたいきんえん)
 ウイルスの感染をきっかけとしておこることもあるといわれています。しかし、一般には炎症というよりは、筋ジストロフィーのような変性疾患と考えられています。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android