コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋状雲 すじじょううんcloud band

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

筋状雲
すじじょううん
cloud band

下層の風向に沿って何本もの対流雲の列が並んだもの。強い寒気の吹き出す冬型気圧配置のとき,気象衛星画像から見える日本海の雲列は代表例である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

すじじょうぐも【筋状雲】

強い風が吹くとき風向に沿ってできる筋状の雲。冬季、北西季節風が強く発達すると日本海上に出現し、多く日本海沿岸に大雪をもたらす。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の筋状雲の言及

【雲】より

…しかし竜巻は局地的渦なので,衛星の写真に渦状の形がはっきりしているわけではない。
[筋状雲]
 強い風が吹くとき,その風向にそって筋状の雲が発生することがある。たとえば冬季,北西の季節風が日本海上を吹いてくるとき,下方から熱と水蒸気を補給されてこの種の雲が起こる。…

※「筋状雲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筋状雲の関連キーワード気象衛星雲型判別雲パターン帯状対流雲北西季節風冬季下層

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筋状雲の関連情報