冬型気圧配置(読み)ふゆがたきあつはいち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

冬型気圧配置
ふゆがたきあつはいち

日本の冬季にみられる,大陸に高気圧があり,千島列島付近や日本の東に発達した低気圧がある,西高東低の気圧配置(→西高東低の気圧型)。大陸の高気圧からの冷たい北西季節風が日本海で海面から水蒸気を補給し,脊梁山脈で強制的に上昇させられ,日本海側の地方に雪を降らせ,その流れが脊梁山脈を越えて下降気流となり,太平洋側に晴天をもたらす。(→里雪山雪離岸距離

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふゆがたきあつはいち【冬型気圧配置】

冬季に現れやすい気圧配置。日本では西高東低型が典型的。 → 西高東低型

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冬型気圧配置の関連情報