コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筏井竹の門 いかだい たけのかど

2件 の用語解説(筏井竹の門の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

筏井竹の門

俳人。金沢市生。本名は虎次郎、号は四石・此君・雪の村人。『北陸新報』勤務、のち北一会社幹部員。俳句は子規選の『日本』俳壇に投句、のち碧梧桐の新傾向句に共鳴、『海紅』に拠る。地方俳壇のために尽力し、また絵画を能くした。著書に『竹の門句集』がある。大正14年(1925)歿、54才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

筏井竹の門 いかだい-たけのかど

1871-1925 明治-大正時代の俳人。
明治4年10月16日生まれ。39年寺野守水老(しゅすいろう)と富山県高岡に越友会をおこし,「葦附(あしつき)」を創刊。のち河東碧梧桐(へきごとう)の新傾向俳句に共鳴して「海紅」に参加した。大正14年3月28日死去。55歳。石川県出身。旧姓は向田。本名は虎次郎。別号に雪の村人。句集に「竹の門句集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

筏井竹の門の関連キーワード杉浦宇貫伊集院俊佐々木北涯土井幹夫服部耕雨牧野望東松村鬼史松本蔦斎柳下孤村山田邦彦

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone