コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

新傾向俳句 しんけいこうはいく

5件 の用語解説(新傾向俳句の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

新傾向俳句
しんけいこうはいく

河東 (かわひがし) 碧梧桐を中心とする新傾向の俳句および俳句運動。高浜虚子とともに正岡子規門下の双璧であった碧梧桐は,明治末 (1908頃) ,自然主義の影響下に子規流の平面的写生から脱却,季題趣味の打破,実感描写による個性発揮を唱え,「日本俳句」 (新聞『日本』の俳句欄) に拠って虚子らの『ホトトギス』派を圧倒,その句風は全国に及んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんけいこう‐はいく〔シンケイカウ‐〕【新傾向俳句】

正岡子規の没後、大須賀乙字(おおすがおつじ)の論文「新俳句界の新傾向」に端を発し、河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)らが明治40年代に流行させた俳句。定型を破り、季題趣味から脱して、生活的、心理描写的なものを追求。のち、自由律俳句へと展開。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいこうはいく【新傾向俳句】

1908‐14年(明治41‐大正3)ころ,河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)選の〈日本俳句〉(《日本及日本人》の俳句欄)を中心に全国をふうびした俳句近代化運動。(1)第1期 大須賀乙字は08年《アカネ》に論文《俳句界の新傾向》を掲げ,進むべき道は〈思はずもヒヨコ生まれぬ冬薔薇 碧梧桐〉のように季題が境地や情緒を象徴する暗示法にあると説いた。乙字の啓発と自然主義の影響下に,河東碧梧桐は季題趣味の打破と生活実感の直写による主観尊重の新風を目ざし《日本俳句鈔第一集》を編むとともに,〈真に返れ〉と唱導した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんけいこうはいく【新傾向俳句】

河東碧梧桐かわひがしへきごとうを中心とし、明治末から大正初めにかけて流行した、新しい作風の俳句。定型を脱し、用語・句調・季題や生活的心理的側面などに新しい表現を求めた。のちに自由律俳句へと展開する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

新傾向俳句
しんけいこうはいく

俳句用語。1908年(明治41)ごろから河東碧梧桐(かわひがしへきごとう)選「日本俳句」(雑誌『日本及日本人』俳句欄)には、大須賀乙字(おつじ)の『俳句界の新傾向』(『アカネ』1908.2)が指摘するように、正岡子規(しき)流の平面的写生を脱しようとする動きがあり、乙字は「若鮎(わかあゆ)の二手(ふたて)になりて上(のぼ)りけり 子規」に対し「思はずもヒヨコ生れぬ冬薔薇(ふゆそうび) 碧梧桐」をあげて季題の象徴的用法による新展開を説いた。碧梧桐はこれに啓示されて『三千里』行脚(あんぎゃ)中、旧来の季題趣味打破に向かい、実感の直写による人間個性の発揮を唱え、季題による自然象徴を説く乙字の意図を超えて急進した。当時の自然主義思潮の影響であり、「誰(だれ)のことを淫(みだ)らに生くと柿主(かきぬし)が 一碧楼(いっぺきろう)」「雨の花野来(き)しが母屋(おもや)に長居せり 響也」などの句が注目された。ことに後句は、1日の生活の一こまをありのままに詠じたものと碧梧桐が評し「無中心」の句であるとした。「想化」を退けて現実に即するのが「無中心」であるとしたところにも、自然主義に通う点がある。碧梧桐も自作の「角力(すもう)乗せし便船(びんせん)のなど時化(しけ)となり」を「無中心」句とした。新傾向俳句は伝習的季題の革新とそれに伴う五七五調批判とに特色があり、やがて大正初頭にかけて自由律俳句が出現する過渡期の様相をもった。「新傾向」作家には自由律俳句作家となった者が多く、河東碧梧桐、荻原井泉水(おぎわらせいせんすい)、中塚一碧楼などがおもな者である。碧梧桐撰(せん)『日本俳句鈔(しょう)第一集』(1909)、『同第二集』(1913)、碧梧桐句集『新傾向句集』(1915)は新傾向俳句の句集である。[伊澤元美]
『阿部喜三男著『新訂俳句シリーズ 人と作品6 河東碧梧桐』(1980・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の新傾向俳句の言及

【大須賀乙字】より

…08年2月,評論〈俳句界の新傾向〉を発表,最近の句には従来の直叙的な表現にかわる暗示的な傾向がある,と指摘した。碧梧桐はこの意見を,自我を表現する俳句の新しい傾向として受けとり,新傾向俳句運動を展開した。だが乙字は,自説の根拠を俳諧の象徴的表現に求め,伝統を重視して碧梧桐に対立した。…

【俳句】より

…こうして近代の文学として歩みはじめた俳句は,しかし,季語や切字(きれじ)を用いる点でも発句と同様であり,そのために前衛派と伝統派が生じた。子規は1902年に死去するが,その子規の死後に〈新傾向俳句〉を唱えて俳壇をリードした碧梧桐はその最初の前衛派であった。当時の自然主義に影響を受けて現実感を重視したこの派の流れは,荻原井泉水,種田山頭火らの〈自由律〉に至る。…

※「新傾向俳句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

新傾向俳句の関連キーワード護得久朝置鉄道院市川堅太郎鵜沢寿裏辻彦六郎亀井英三郎佐藤由理子志田力二仁木独人毛利元敏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone