コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筑波 雪子 ツクバ ユキコ

20世紀日本人名事典の解説

筑波 雪子
ツクバ ユキコ

大正・昭和期の女優



生年
明治39(1906)年6月10日

没年
昭和52(1977)年6月6日

出生地
東京府荏原郡入新井村(現・大田区)

本名
佐藤 ゆき子

経歴
初め新橋・日乃家から叶栄の名で芸妓に出て売れっ子となる。大正13年松竹蒲田に入社、「黄金地獄」に芸妓役でデビュー。天性の美貌と芸熱心から人気も急上昇して、川田芳子栗島すみ子、五月信子に次ぐスター女優となり、15年の俳優昇格式では準幹部に推された。昭和2年蒲田を脱退するが3年には復帰、5年幹部に昇進した。のち新派などに加わって舞台出演も多くなり、舞台は11年まで続いた。11年阪妻プロの「風流小唄侍」で阪妻の相手役を務めたのが最後の映画となり、その後大阪で再び芸妓となった。16年新派に復帰、翌年引退、実業家・寺田甚吉と結婚した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

筑波 雪子
ツクバ ユキコ


職業
女優

本名
佐藤 ゆき子

生年月日
明治39年 6月10日

出生地
東京府荏原郡入新井村(東京都 大田区)

経歴
初め新橋・日乃家から叶栄の名で芸妓に出て売れっ子となる。大正13年松竹蒲田に入社、「黄金地獄」に芸妓役でデビュー。天性の美貌と芸熱心から人気も急上昇して、川田芳子、栗島すみ子、五月信子に次ぐスター女優となり、15年の俳優昇格式では準幹部に推された。昭和2年蒲田を脱退するが3年には復帰、5年幹部に昇進した。のち新派などに加わって舞台出演も多くなり、舞台は11年まで続いた。11年阪妻プロの「風流小唄侍」で阪妻の相手役をつとめたのが最後の映画となり、その後大阪で再び芸妓となった。16年新派に復帰、翌年引退、実業家・寺田甚吉と結婚した。

没年月日
昭和52年 6月6日 (1977年)

出典|日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について | 情報

筑波 雪子の関連キーワード藤間 万三哉諸口 十九吾妻 徳穂藤間万三哉