コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗島すみ子 くりしますみこ

5件 の用語解説(栗島すみ子の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栗島すみ子
くりしますみこ

[生]1902.3.15. 東京
[没]1987.8.16. 東京
映画女優。本名池田すみ子。日本映画最初のスター女優。主演作品『船頭小唄』 (1922) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くりしま‐すみこ【栗島すみ子】

[1902~1987]映画女優・日本舞踊家。東京の生まれ。本名、池田すみ子。映画「虞美人草(ぐびじんそう)」に出演し、松竹蒲田撮影所のスターとなる。引退後は日本舞踊に専念。他の映画代表作に「生(な)さぬ仲」「船頭小唄」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗島すみ子 くりしま-すみこ

1902-1987 大正-昭和時代の映画女優。
明治35年3月15日生まれ。大正10年松竹蒲田(かまた)にはいり,小谷ヘンリー監督の「虞美人草(ぐびじんそう)」に主演。池田義信監督の「生(な)さぬ仲」「船頭小唄(こうた)」などでスターとなる。12年池田監督と結婚。昭和12年引退後は水木紅仙の名で日本舞踊に専念した。昭和62年8月16日死去。85歳。東京出身。本名は池田すみ子。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

くりしますみこ【栗島すみ子】

1902~1987) 映画女優。東京生まれ。本名、池田すみ子。ヘンリー小谷監督の「虞美人草」に主演して人気を集め、以後松竹蒲田撮影所の看板スターとして君臨。代表作「生さぬ仲」「不如帰」「船頭小唄」「水藻の花」「浪子」「受難華」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栗島すみ子
くりしますみこ
(1902―1987)

映画女優、日本舞踊家。本名池田すみ子。東京生まれ。舞台俳優栗島狭衣(さごろも)の娘で、子供のころから舞台に出演。1921年(大正10)松竹蒲田(かまた)に入社、『虞美人草(ぐびじんそう)』でデビュー、純情可憐(かれん)な容姿が注目され一躍人気スターとなった。映画監督池田義信(よしのぶ)と結婚後も松竹のトップスターとして活躍、1937年(昭和12)の『淑女は何を忘れたか』に出演後引退した。代表作に『山へ帰る』(1921)、『船頭小唄(こうた)』『母』(1923)、『結婚学入門』『麗人』(1930)、『夜ごとの夢』(1933)など。1956年(昭和31)には『流れる』に特別出演した。舞踊家としては、6歳で水木(みずき)流に入門、16歳で水木歌紅の名で名取となり、1954年に東京水木会会長、1963年に水木紅仙と改名、活躍を続けた。[長崎 一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の栗島すみ子の言及

【スター】より

… 日本映画のスター・システムは初期の松竹蒲田映画とともに始まる。日本映画のスター第1号として知られる女優・栗島すみ子は,第1回主演作《虞美人草》(1921)以来すばらしい人気で,川田芳子,五月信子とともに初期蒲田の三大女優時代をつくった。この三大女優を一堂に集めた《母》(1924)が1924年大阪道頓堀に新築された当時東洋一の映画劇場〈松竹座〉で公開されたときに主演者たちが出席することになったが,そのとき,大阪駅に出迎えた人波は空前のことだといわれ,〈日本におけるスター・システム勃興期の記念すべき出来事〉になった(筈見恒夫《映画百年史》)。…

【日本映画】より

… これとは別に松竹は,1920年の《島の女(むすめ)》(木村錦花監督)を皮切りに商業主義による映画製作にとりかかった。この松竹第1回作品の撮影をしたのが,ハリウッド帰りのカメラマン・ヘンリー小谷で,蒲田撮影所のスタッフにアメリカの撮影技術を伝授し,みずから監督もした《虞美人草》(1921)はヒットして,主演の栗島すみ子を最初のスター女優にした。《虞美人草》は内容的には旧来の新派となんら変わらなかったが,松竹はこの路線の映画を量産するに至り,ヘンリー小谷は早くも21年に松竹を離れた。…

※「栗島すみ子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

栗島すみ子の関連キーワード上山草人飯島正浦辺粂子瓜生忠夫江川宇礼雄荻昌弘佐藤一郎南部圭之助菱田春夫松田春翠

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

栗島すみ子の関連情報