天性(読み)テンセイ

デジタル大辞泉の解説

《古くは「てんぜい」とも》天から授けられた性質。また、生まれつきそのようであること。副詞的にも用いる。天資天質。「好奇心の強いのは天性だ」「天性明朗な人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(古くは「てんぜい」とも)
[1] 〘名〙 天から授かった性質。生まれつき。また、天然自然のなりゆき。生得。天資。てんしょう。
※懐風藻(751)大友皇子伝「太子天性明悟、雅愛博古
※今昔(1120頃か)一六「弁宗と云ふ僧住けり。天性弁(わきま)へ有て」 〔書経‐西伯戡黎〕
[2] 〘副〙 まったく。
※毎月抄(1219)「天性病にをかされぬほどの哥になりぬれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

天性の関連情報