天性(読み)てんせい

精選版 日本国語大辞典「天性」の解説

てん‐せい【天性】

(古くは「てんぜい」とも)
[1] 〘名〙 天から授かった性質。生まれつき。また、天然自然のなりゆき。生得。天資。てんしょう。
※懐風藻(751)大友皇子伝「太子天性明悟、雅愛博古
今昔(1120頃か)一六「弁宗と云ふ僧住けり。天性弁(わきま)へ有て」 〔書経‐西伯戡黎〕
[2] 〘副〙 まったく。
毎月抄(1219)「天性病にをかされぬほどの哥になりぬれば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「天性」の解説

てん‐せい【天性】

《古くは「てんぜい」とも》天から授けられた性質。また、生まれつきそのようであること。副詞的にも用いる。天資。天質。「好奇心の強いのは天性だ」「天性明朗な人」
[類語]生得的本有的本性ほんしょう根っから持って生まれた生まれ付き生まれながら生来先天的生得天賦天稟天分天資稟性さが気性気質性向性情性格気象気立て気前心ばえ心根心柄じょうたち性分性質本性本能気心気風人となり人間性キャラクター気質かたぎ肌合い家風精神

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android