筒抜(読み)つつぬかし

精選版 日本国語大辞典の解説

つつ‐ぬかし【筒抜】

〘名〙
① 素通りに通り抜けさせること。
俳諧・崑山集(1651)一〇「つつ井筒つつぬかしなり水の月〈貞利〉」
② 筒の中を通り抜けるように、聞いたことをすぐ他人に伝えること。また、その人。
※俳諧・毛吹草追加(1647)上「見るとかたれ詞の花の筒ぬかし〈正良〉」

つつ‐ぬき【筒抜】

〘名〙 筒を引き抜くように、を抜き取ること。
※虎明本狂言・朝比奈(室町末‐近世初)「さればふるこうりがつつぬきさげぎり、かずをしらず」

つつ‐ぬけ【筒抜】

〘名〙 (形動)
① 筒の底が抜けていること。また、そのようにさえぎりとめるもののないさま。
※千鳥(1906)〈鈴木三重吉〉「筒抜けの鑵詰の殻を嵌めて」
② 底の抜けた筒に物を入れたときのように、中にとまらないで素通りすること。
※諷誡京わらんべ(1886)〈坪内逍遙〉五「耳は二つとも満足なれども、世にいふ筒耳といふものにや。頗る緊切(たいせつ)なる大事を聞ても、右から左へと筒抜(ツツヌケ)にする事あり」
話し声・音などが、そのまま他の人に聞こえること。
浄瑠璃本朝三国志(1719)三「なふ声高い、御前へつつぬけ」
④ 談話・相談・計画などの内容がそっくり他に伝わること。話したことがすぐに他に漏れること。
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)上「惚られ自慢でもう其事を触れ歩く、それであいつが名をつつぬけと付て置」
⑤ 雨がはげしく漏ること。筒漏り。

つつ‐ぬ・ける【筒抜】

〘自カ下一〙
① 筒の底が抜ける。また、そのようにさえぎるものがなく抜け通る。
※赤痢(1909)〈石川啄木〉「松太郎は筒抜けた様な驚喜の声を放った」
② 話し声・音などが、そのまま他の人に聞こえる。
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)上「ここの咄が奥の座敷へつつぬけ、お客様は無興(ぶけう)顔」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android