コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筒関 つつぜき

大辞林 第三版の解説

つつぜき【筒関】

和船の帆柱を立てる筒状の受け材を取り付ける、船体中の最重要箇所。普通、船体中央部よりやや船尾寄りで、最も幅が広い所にあたる。腰当こしあて

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筒関の関連キーワード腰当て和船帆柱船体

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android