答本忠節(読み)とうほん ちゅうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

答本忠節 とうほん-ちゅうせつ

?-? 奈良時代の百済(くだら)(朝鮮)系官吏,医師。
外従五位下。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)9年(757)橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の変の際,藤原仲麻呂をたおそうとする小野東人(あずまひと)らの動きを知りながら通告しなかった罪で捕らえられ,杖刑で死亡したと推定される。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

答本忠節

生年:生没年不詳
8世紀中ごろに活躍した百済系の官人薬方に通じていた。橘奈良麻呂の乱(757)に際して,奈良麻呂らの計画を知りながら通報しなかったので,逆徒の一味と断ぜられた。最期は明らかでないが,刑罰をうけて杖死した可能性が高い。

(森公章)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android