コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箕浦耕雨 みのうら こうう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

箕浦耕雨 みのうら-こうう

1784-1842 江戸時代後期の儒者。
天明4年生まれ。父は箕浦直彝(なおつね)の弟,貞吉(北江)。土佐高知藩士。家学をうけ,江戸で諸家とまじわって詩文をよくした。藩校教授館の教授役となる。天保(てんぽう)13年11月死去。59歳。名は貞行。字(あざな)は香橘。通称は才七。著作に「四風奇絶」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

箕浦耕雨の関連キーワード森横谷儒者