コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸家 ショカ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐か【諸家】

多くの家。多くの家門。しょけ。
多くのいろいろな人。特に、その道の専門家・研究者として認められている人々。「諸家の意見を聞く」

しょ‐け【諸家】

しょか(諸家)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょか【諸家】

多くの人々。
その道で知られている多くの人。その道の一流の人々や専門家などをさしていう。
「諸子百家しよしひやつか」の略。

しょけ【諸家】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の諸家の言及

【雑色】より

…古くは公民の最下部に属して賤民に近い品部(しなべ)・雑戸(ざつこ)を指す階級身分の語と解する説が行われたが,それは正確ではなく,書算など才技のある白丁(はくてい)が官人に出身する一つの経路でもあった。 律令制下の雑色としては諸司雑色,諸国雑色,諸家雑色などがある。諸司雑色は四等官の下部に属した判補の職で,課役を免除され,考課によって舎人(とねり),史生(ししよう)に任ずる道も開かれていた。…

※「諸家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

諸家の関連キーワード寛政重修諸家譜寛永諸家系図伝久留嶋左兵衛月切り駕籠坐禅三昧経萩藩閥閲録小野弥助戸田氏徳竹山重栄諸子百家片山兼山伊達晴宗土井利勝呂氏春秋洞院公定中原基広尊卑分脈論語集解百家説林貞享書上

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸家の関連情報