諸家(読み)ショカ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐か【諸家】

多くの家。多くの家門。しょけ。
多くのいろいろな人。特に、その道の専門家・研究者として認められている人々。「諸家の意見を聞く」

しょ‐け【諸家】

しょか(諸家)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょか【諸家】

多くの人々。
その道で知られている多くの人。その道の一流の人々や専門家などをさしていう。
「諸子百家しよしひやつか」の略。

しょけ【諸家】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐か【諸家】

〘名〙
① 多くのさまざまな家々。多くの家門。しょけ。
※田氏家集(892頃)上・早秋「百氏書中収夏部、諸家集裏閲秋詩
※太平記(14C後)一二「関白殿下左右の大将、大中納言、八座七弁八省輔、諸家の侍、堂上堂下に袖を連ね」 〔後漢書‐光武帝紀・上〕
② 多くの人々。特に、一派を立てたり権威者として知られたりしている多くの人々。
※史記抄(1477)三「徐広を本にして諸家の説を弁じて集解と名たぞ」 〔周礼疏‐地官・大司徒〕

しょ‐け【諸家】

〘名〙 (「け」は「家」の呉音) =しょか(諸家)①〔塵芥(1510‐50頃)〕
人情本春色梅児誉美(1832‐33)後「このお蝶を二十五両にてかかへ、諸家(ショケ)へ立いらせて祝義をもらはせ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の諸家の言及

【雑色】より

…古くは公民の最下部に属して賤民に近い品部(しなべ)・雑戸(ざつこ)を指す階級身分の語と解する説が行われたが,それは正確ではなく,書算など才技のある白丁(はくてい)が官人に出身する一つの経路でもあった。 律令制下の雑色としては諸司雑色,諸国雑色,諸家雑色などがある。諸司雑色は四等官の下部に属した判補の職で,課役を免除され,考課によって舎人(とねり),史生(ししよう)に任ずる道も開かれていた。…

※「諸家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諸家の関連情報