コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸家 ショカ

4件 の用語解説(諸家の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょ‐か【諸家】

多くの家。多くの家門。しょけ。
多くのいろいろな人。特に、その道の専門家・研究者として認められている人々。「諸家の意見を聞く」

しょ‐け【諸家】

しょか(諸家)

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の諸家の言及

【雑色】より

…古くは公民の最下部に属して賤民に近い品部(しなべ)・雑戸(ざつこ)を指す階級身分の語と解する説が行われたが,それは正確ではなく,書算など才技のある白丁(はくてい)が官人に出身する一つの経路でもあった。 律令制下の雑色としては諸司雑色,諸国雑色,諸家雑色などがある。諸司雑色は四等官の下部に属した判補の職で,課役を免除され,考課によって舎人(とねり),史生(ししよう)に任ずる道も開かれていた。…

※「諸家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諸家の関連情報