算法(読み)さんぽう

精選版 日本国語大辞典「算法」の解説

さん‐ぽう ‥パフ【算法】

〘名〙
計算の方法。算術。また、算術の規則
律原発揮(1692)「算法一尺自乗得一百寸、倍之平方開之而得之」
※十善法(1775)五「算法を樹葉の多少をしる」 〔北史‐高允伝〕
江戸時代数学をいう語。
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉五「延喜頃より元亨頃までの算法、如何ありしか」
③ 二つの数に一つの数を対応させる規則としての加・減・乗・除など。演算

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「算法」の解説

さん‐ぽう〔‐パフ〕【算法】

計算の方法。算術。
江戸時代、数学をいう語。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の算法の言及

【アルゴリズム】より

…算法ともいう。計算の方法,問題を解く手順など,一般に情報処理の具体的な方法,手順。…

※「算法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android