算盤高(読み)そろばんだかい

精選版 日本国語大辞典「算盤高」の解説

そろばん‐だか・い【算盤高】

〘形口〙 金銭勘定が細かくてけちくさい。損得を考えて打算的である。勘定高い。
茶話(1915‐30)〈薄田泣菫〉十二種の新聞を読む小僧「算盤高(ソロバンタカ)い今の人は直ぐ船株かの卵かを連想するらしいが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android