薄田泣菫(読み)すすきだきゅうきん

  • すすきだきゅうきん〔キフキン〕
  • 薄田泣菫 すすきだ-きゅうきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1877.5.19. 岡山,大江連島
[没]1945.10.9. 倉敷
詩人,随筆家。本名,淳介。岡山中学校中退後上京して独学。 1897年『花密蔵難見 (はなみつにしてかくれてみえがたし) 』を総題とする詩 13編が島村抱月らに認められ,3年の病臥後発表の『暮笛集』 (1899) や,『ゆく春』 (1901) ,『公孫樹下にたちて』 (02) で島崎藤村の去った詩壇の第一人者となった。キーツに学びながら『海潮音以後の象徴詩運動を推進し,日本の古語,廃語を復活させて文語定型詩に定着させた功績は大きく,蒲原有明とともに新体詩の完成者として泣菫=有明時代をもたらした。特に詩集白羊宮』中の『ああ大和にしあらましかば』 (05) や『望郷の歌』 (06) は,詩形をブラウニング,ゲーテに借りて格調高く大和の風物をさながら彷彿させる傑作で,ロマンの趣を秘めた古典美の極致を完成している。また,七五調以外に,八六調その他の新律を試みたり,ソネット形式を導入した形式の追求も見逃せない。『茶話全集』 (24) ,『艸 (そう) 木虫魚』 (29) などのすぐれた随筆集も残した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

明治期の詩人。本名淳介。岡山県生れ。1899年第1詩集《暮笛(ぼてき)集》を刊行して詩壇に認められる。以後《二十五絃》,《白羊宮》(1906年)など。古語,雅語を駆使した浪漫主義的・象徴的詩風で,蒲原有明とともに,島崎藤村土井晩翠以後の明治後期の詩壇を代表する存在とされる。のち詩を離れ,《茶話全集》《艸(そう)木虫魚》など随筆に活躍した。
→関連項目新体詩ロマン主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1877-1945 明治-昭和時代前期の詩人,随筆家。
明治10年5月19日生まれ。岡山中学中退後上京し,独学。明治32年第1詩集「暮笛集」を刊行。「ゆく春」「白羊宮」などにより明治30年代の代表的詩人として蒲原有明(かんばら-ありあけ)とならび称された。大正元年大阪毎日新聞社に入社。以後「茶話」などの随筆をかいた。昭和20年10月9日死去。69歳。岡山県出身。本名は淳介。
【格言など】ああ,大和にしあらましかば,いま神無月(かみなづき)(「白羊宮」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

1877‐1945(明治10‐昭和20)
明治期の詩人,随筆家。岡山県生れ。本名淳介。岡山中学を二年で中退,東京で3年間ほど苦学して文学的教養を身につけた後は,関西に住む。20歳のとき,J.キーツやW.ワーズワースの影響による日本最初のソネット形式のものを含む雑誌投稿の詩作で認められ,1899年(明治32)刊の第1詩集《暮笛(ぼてき)集》によって詩壇的地位を確立,やがて島崎藤村,土井晩翠に続く時期の代表的詩人となった。1901年の《ゆく春》,05年の《二十五絃》,06年の《白羊宮》などの詩集では,浪漫詩から象徴詩にわたる詩風のうちに,古語や死語を復活採用して詩語を豊かにすると同時に,さまざまな新詩律を試みて,蒲原有明とともに文語定型詩の完成に貢献した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1877~1945 詩人・随筆家。岡山県生まれ。本名、淳介。独学で英詩に親しむ。古語を駆使した古典的浪漫的な文語定型詩を「白羊宮」で完成、蒲原有明とともに明治末期詩壇に一時代を画した。詩集「暮笛集」「ゆく春」「二十五絃」、随筆集「茶話」「艸木虫魚」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

詩人、随筆家。本名淳介。岡山県出身。象徴派詩人として有明・泣菫の時代を作る。のち、随筆に転じた。詩集に「暮笛集」「ゆく春」「二十五絃」「白羊宮」など、随筆集に「茶話」「艸木虫魚」など。明治一〇~昭和二〇年(一八七七‐一九四五

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版の解説

1877〜1945
明治〜昭和期の詩人・随筆家
本名は淳介。岡山県の生まれ。島崎藤村・土井晩翠のあとをうけてロマン主義の詩風を完成,蒲原有明 (かんばらありあけ) と並称された。詩集『暮笛集』『二十五絃』『白羊宮』など。明治末期より散文に転じ随筆家として活躍した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典内の薄田泣菫の言及

【キーツ】より

…日本へは明治になってさかんに紹介され,上田敏,平田禿木をはじめ多くの浪漫主義作家が翻訳の筆をとった。さらに思想面や詩形式でもその影響は濃く,島崎藤村は《ギリシア古瓶の賦》に触発されて《白磁花瓶賦》を著し,薄田泣菫はキーツのソネットをもとに〈絶句〉,オードをもとに〈賦〉という独自の定型詩を発達させた。【笠原 順路】。…

【白羊宮】より

薄田泣菫(すすきだきゆうきん)の第4詩集(前年刊の詩文集《白玉姫》を入れると5番目)。1906年,金尾文淵堂刊。…

※「薄田泣菫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薄田泣菫の関連情報