茶話(読み)チャバナシ

デジタル大辞泉「茶話」の解説

ちゃばなし【茶話】[書名]

薄田泣菫の随筆集。大正4年(1915)から昭和5年(1930)にかけて新聞・雑誌に連載したコラムをまとめたもの。第1集は大正5年(1916)刊行。「後の話」「新茶話」など続編も多数ある。

ちゃ‐わ【茶話】

茶を飲みながら気軽にする話。茶飲み話さわ
こっけい味のある話。軽い話。

さ‐わ【茶話】

茶を飲みながら気軽に話す話。茶飲み話。ちゃわ。
[類語]茶話ちゃばなし茶飲み話

ちゃ‐ばなし【茶話】

茶飲み話。さわ。
[補説]書名別項。→茶話
[類語]茶話さわ茶飲み話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「茶話」の解説

さ‐わ【茶話】

〘名〙 茶や菓子などを飲み食いしながら気軽に話すこと。また、その話。ちゃわ。ちゃばなし。
※読本・英草紙(1749)序「此草紙を記して同社中の茶話(サワ)に代ふるの本意とす」

ちゃ‐ばなし【茶話】

〘名〙 茶をのみながら話す気楽な世間話。茶飲み話。ちゃわ。さわ。
※読本・和漢嘉和宿直文(1787)五「姚婆訪来りしかば、迎座せしめ、しばらく茶話(チャバナシ)過て後」

ちゃ‐わ【茶話】

〘名〙
① 茶を飲みながらする話。茶飲み話。ちゃばなし。さわ。〔林逋‐盱眙山寺詩〕
② こっけい味のある話。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android