箝口令・緘口令(読み)かんこうれい

精選版 日本国語大辞典の解説

かんこう‐れい【箝口令・緘口令】

〘名〙 ある事柄について口外することを禁ずること。また、その命令、法令。口どめ。
※新聞人の打明け話(1931)〈大阪毎日新聞整理部編〉枢府を探る〈西村公明〉「委員長が一段とむづかしい顔をして布いた箝口令(カンコウレイ)も、われわれの前には委員長の期待した程の威力を発揮することは出来ない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android