箱提灯(読み)はこぢょうちん

精選版 日本国語大辞典「箱提灯」の解説

はこ‐ぢょうちん ‥ヂャウチン【箱提灯】

〘名〙 上下に、円形で平たい蓋(ふた)があり、たためば全部蓋の中に納まって箱のようになる大型の提灯。蓋には開閉できるがあり、ここからろうそくを出し入れする。はこぶら。
※俳諧・花摘(1690)下「門並や箱挑燈はの中〈渓石〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「箱提灯」の解説

はこ‐ぢょうちん〔‐ヂヤウチン〕【箱灯】

提灯の一。上下に丸く平たいふたがあり、畳むと全体が丸箱に入ったようになるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の箱提灯の言及

【提灯】より

…なお明の《三才図会》にこの籠挑灯と同様のものがみえており,当初は中国から伝来したのかもしれない。火袋の折りたたみできる提灯の使用は文禄年間(1592‐96)ころからで,初めは箱提灯とよばれるものであった。その由来は明らかでないが,これも中国からの伝来であったろう。…

※「箱提灯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android